第3009回 Chandler and Murakami

December 1, 2013 § Leave a comment

41NAeswPUWL._SL500_AA300_

村上春樹「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」
遅ればせながら拝読
今年リリースされた最新の長編小説である

村上氏は、はっきりと好き嫌いが分かれる独特の文体で小説を書くことで有名だが
今回あらためて彼の最新小説を読んでみて
その文体と手法が、村上氏がリスペクトするレイモンド・チャンドラーの影響を大きく受けた
もしかするとチャンドラー作品へのオマージュ的に書かれたものではないかと
深く確信するようになった

村上氏は、チャンドラー作品の「新訳」として
「ロング・グッドバイ」「リトル・シスター」「さよなら、愛しい人」、「リトル・シスター」
を訳し直している。
とてつもなく時間のかかる長編小説の翻訳にかける情熱と意欲は
ノーベル賞候補となっている超売れっ子作家の行動とは思えない

村上氏自身も、自分の作品は
チャンドラーへのオマージュとして読んでほしいと思っているかもしれない

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

What’s this?

You are currently reading 第3009回 Chandler and Murakami at Dave Bowman's Cafe on Line.

meta

%d bloggers like this: