第3010回 2013 into 2014

December 30, 2013 § Leave a comment

tumblr_mn9cl0jNhO1qan19ko3_1280

2013年が終わろうとしている
90年代後半から、2013年を一つの区切りとして生きてきたので
2013年が終わるということを、いまだに受け入れられない自分もいる
(終末論的な思想を信じていたわけではない)

2013年が、26000年の地球の歳差運動の区切りの年であり
既に地球は新しい時代に入っていると言われているが
果たして自分のまわりの環境は変わってきているのだろうか

大きく変わってきているとも言えるし
相変わらず何も変わっていない、とも言える
間違いないことは、2013年が終わり、2014年がやってくることだけである

第3009回 Chandler and Murakami

December 1, 2013 § Leave a comment

41NAeswPUWL._SL500_AA300_

村上春樹「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」
遅ればせながら拝読
今年リリースされた最新の長編小説である

村上氏は、はっきりと好き嫌いが分かれる独特の文体で小説を書くことで有名だが
今回あらためて彼の最新小説を読んでみて
その文体と手法が、村上氏がリスペクトするレイモンド・チャンドラーの影響を大きく受けた
もしかするとチャンドラー作品へのオマージュ的に書かれたものではないかと
深く確信するようになった

村上氏は、チャンドラー作品の「新訳」として
「ロング・グッドバイ」「リトル・シスター」「さよなら、愛しい人」、「リトル・シスター」
を訳し直している。
とてつもなく時間のかかる長編小説の翻訳にかける情熱と意欲は
ノーベル賞候補となっている超売れっ子作家の行動とは思えない

村上氏自身も、自分の作品は
チャンドラーへのオマージュとして読んでほしいと思っているかもしれない

Where Am I?

You are currently viewing the archives for December, 2013 at Dave Bowman's Cafe on Line.