第2707回 Oldschool Renegades

October 31, 2011 § Leave a comment

テクノ黎明期から活躍している
Maurice Steenbergenにより制作途中の
“Oldschool Renegades”

ティーザートレイラーを見ても
Old Schoolのアッパーなサウンドが全開の様子
恐らく日本語版は作られないと思うが
完成がとても楽しみ

Advertisements

第2706回 Irresponsibility

October 30, 2011 § Leave a comment

あまりに東京電力関係のネガティブなニュースが多いので
具体例は挙げないが
要するに東京電力は原発事故について
何の責任も取るつもりもないし
責任を取る能力もない
それだけは間違いなくはっきりしている

この事実は原発事故が起きる前から
予測されていた事実
誰も責任を取れないし
誰も補償もできない
だから損害賠償も保険も全て免責になっている

これは現在押さえなければいけない
最重要ポイントの一つだ

第2705回 Financial Crisis

October 29, 2011 § Leave a comment

ギリシアの財政危機がEU全体の大問題に
311以降の出来事を通じて、原子力マフィアの仕組みがよくわかったと思う
実は金融も、原子力と全く同じか、それ以上に高度なシンジケートで成立している

要するに全てはアングルであって
仕組まれた出来レースだ

世界各国の財政危機が、全て同じ結果になることは偶然ではない
金融機関の危機に、政府が税金を投入し
それで足りない場合は、世界銀行がその政府に金を貸す
危機が大きく演出されていることが特徴

原子力業界から学んだことは、他の業界にも拡張が可能だ

第2704回 Accumulation

October 28, 2011 § Leave a comment

文部科学省発表
今年3月から6月のセシウム134、137の都道府県別の降下積算値

九州や中国地方は低い値だが
ほぼ全国にセシウムが降り注いだことが
中央官庁によって発表されたことになる

セシウム134や137は、本来原子炉の外に存在してはいけない物質
戦前まで、地球上には存在しなかった
行政が決めた安全基準は、社会的に妥当と思われる値を設定しているだけで
本来生物的な安全基準は存在しない

第2703回 Chief Cabinet Secretary

October 27, 2011 § Leave a comment

後世に、311当時の官房長官として歴史研究、歴史的評価の対象になるであろう
枝野幸男現経済産業大臣

民主党は元々が若い政党であるが
結党から政権奪取に至るまで
多くの首脳陣が党を離れているのと
鳩山政権の挫折もあって
現在の党首脳部は皆非常に若い

枝野氏もそういう流れで官房長官、大臣となった
「本来はそのポジションにはいないであろう人物」だ

その枝野大臣が先日
「ただちに人体、あるいは健康に影響がない、とは7回しか言っていない」
という言い訳を国会答弁で行った

枝野氏が原発や原子力シンジケートに対して
どういう考えなのかは、よくわからない
基本的には国民の方を向いた志をもった人物だと思っているが
シンジケートの防波堤になっているのか
はたまた毒饅頭を食わされて巻き込まれてしまったのか
今となってはわからない

残念ながら、原発災害について最悪の選択を取ってきているのは間違いがない
311以降における、最重要人物の一人だ

第2702回 Censorship

October 26, 2011 § Leave a comment

通販生活のテレビCMが
政治的意見表明広告という扱いになり
テレビ局からCMの放映を拒否された

恐らくテレビ局が電力会社や関連企業の意向を気にして
自主規制したものと思われる

これが2011年の日本の絶望的な状況

第2701回 Unexpected Future

October 25, 2011 § Leave a comment

今や、放射線や核物理学の自由な研究はタブーになりつつある
冗談や誇張ではなく本当に

311以降、天気予報が実際にコントロールされている状況があった
地震や津波の研究も同様の扱いになるだろう
まるで質の悪い近未来映画を見ているようだが
現実はそれをはるかに凌駕している

Where Am I?

You are currently viewing the archives for October, 2011 at Dave Bowman's Cafe on Line.